キャバクラドレス・キャバドレスとは?

<キャバクラドレス(キャバドレス)ミニ知識>
まず、キャバクラの語源ですが、これはフランス語の「キャバレー」(cabaret)と、英語の「クラブ」(club)を合成した造語です。「和製外来語」とでもいうべき言葉です。そこで、そのキャバレーにつとめるキャバ嬢が身につける衣装のことをキャバクラドレス(キャバドレス)と呼んでいるのです。実際には、もう少し広い意味で、お水系の女性が身につける衣装のことを指すことが多いと思います。キャバドレスorキャバクラドレスは今が盛りと大変な種類が出回っています。ロングからショート、ラブリー系からセクシー系と、カラフルに色と形を競い合っているのがキャバクラドレス(キャバドレス)の現状といっていいでしょう。その背景には、キャバ嬢あるいはお水系の仕事が、ある種のあこがれの対象になっている現状があると思います。美しい華やかな衣装を身にまとい、夜の世界を蝶のように舞う女性・・・といったらいいでしょうか、キャバドレス(キャバクラドレス)を身にまとうことには、そうした華やかなイメージが伴っているようです。日本社会の底力を示す現象ではないでしょうか。